はじめまして。
只野真子です。

 

『カラフレ』がんばるADHDを応援するコミュニティです。

 

苦しいことがあっても、
「なんとかしたい!」と前を向き、
状況を変えようとしているADHDの仲間を…
私は誇りに思います。

 

人の何百倍も恥をかき、
人の何百倍も注意をされ、
人の何百倍も辛い辛い日々を乗り越えて
生きてきたADHD。

 

あなたは、凄いんです。

 

同じ経験を、普通の人が数ヶ月でも体験したら、
きっとどれだけ大変かビックリすると思います。

 

そんな大変な境遇を生き抜いてきた自分を
褒めてあげてください。

 

私は、決して特別な人間ではなく、
一人のADHDの仲間です。

 

数年前までは、とにかく毎日、周りに迷惑をかけっぱなしで、落ち込んでばかりでした。自分が嫌でたまりませんでした。

 

でも、「薬を飲まない生活がしたい」という思いから、正規採用されたばかりの小学校教員を辞めて、フリーランスとして働くようになりました。

 

それが、すごく自分に合っていて、毎日がとても楽しい!充実している!勉強や仕事がこんなに楽しいなんて!と、感動の毎日でした。

 

薬を完全にやめて、栄養をしっかり摂るようにしたり、脳を休ませるために一日に浴びる情報量を調整したりして、どんどん自分の特性が気にならなくなっていきました。

 

「環境」を整えたら、こんなに症状も変わるんだ!

 

とても衝撃的でした。

ずっと、自分を変えられずに同じことで苦しんできたのに、お仕事の環境を変えただけで、こんなに心が安定するんだ、と。

 

同じように苦しんでいるADHDの力になりたいな。

 

そう思うようになり、お仕事の合間にこのサイトをちょこちょこ作っていました。

 

どうすれば、あなたの力になれるのか?とずっと考えていましたが、まずはあなたに、「もっと生きやすい場所もあるんだよ」と知ってもらうことが大事だと思いました。

 

☆お薬を飲まなくてもOKな働き方があるよ。

☆自分のお家で、自分のペースで働く方法があるよ。

☆栄養をしっかり補うと、特性の困り感もカバーできるよ。

 

もっとカラフルな毎日があるんだよ。

 

グレーゾーンなんて言葉があるけれど、
白か黒か、なんていう2択じゃないよね。

 

もっとカラフルな色があって、
あなたも私もあの人も。
みーんな違って、みんないい。

 

そんな想いを込めて「カラフルであれ」そして、「フレーフレー」という応援の意味を込めて、「カラフレ!」と名付けました。

「カラフル」の「ル」から「ノ」が欠けている未完成な感じも、ADHDぽくて良いなと思っています。

 

ADHDの生きやすい毎日を応援する無料メルマガ「ADHDの味方」も、有効活用してくださいね。

『ADHDの味方』

 

著者のプロフィール
只野真子(ただのまこ)
本名:石井真子

1983年、岡山生まれ、岡山育ち。
地元にある就実大学卒業後、
倉敷市の公立中学校の英語講師をする。
その後、就実大学大学院で小学校教員免許を取得し、岡山市の小学校教諭となる。
2年の育児休暇を経て、退職。
フリーライター・マーケティングイラストレーターとして活動を始める。
二児の母。ADHD当事者。

『ADHDの味方』というメルマガ発行しています。↓↓こちらをクリック
『ADHDの味方』を無料で読む!

 

【所持免許】
高等学校教諭一種免許状・中学校教諭一種免許状・小学校教諭専修免許状・特別支援学校教諭二種免許状の単位のみ(申請前)

※只野真子は、以前に歌手活動をしていたときから愛用しています。
いときには「まこぴー」名義で活動していましたが、そろそろ年齢相応の名前にしようということで、ただの真子にしようとなりました。要は、「そのまんま東」みたいな感じです。
経緯は、波田ニューヨークが芸歴が長くなってもう新しくないからと波田陽区になったみたいなもんです。